禁煙ブームに乗り遅れるな

乗り遅れに焦る男性と禁煙の薬の画像

今、世界中で「タバコを吸うのは愚か者」というレッテルが貼られ、飲食店や公共施設のタバコを吸うスペースも日に日に少なくなっています。このまま負け犬のように隅っこでコソコソとタバコを吸い続けたいですか?禁煙するなら今!

禁煙して初めて分かる体の変化

チャンピックスを通販で入手
↑ファイザーのチャンピックスで禁煙しましょう

禁煙は人体に非常に大きな良い影響を与えます。それは、本来の人体が持っている力で、喫煙によって抑えられていたものが回復したことによるものです。その力は多くの人が考えている以上に大きいため、禁煙の効果が大きく感じられる理由となっています。
特に変化を感じやすいものが、呼吸のしやすさの違いでしょう。普段の喫煙によって、肺は汚れるとともに、その機能が衰えてしまうのです。少し走った時や、階段の上り下りなどで運動をした時にその違いは大きく現れてきます。また、酸素を取り込む量が増える事で、体力も回復しやすくなります。そして、ダイエットや筋肉もつきやすくなるでしょう。
次に、食事がとても美味しく感じられます。タバコを吸う事によって、鼻や口の粘膜はダメージを受け、劣化します。これが禁煙によって回復するため、本来感じられるはずの香りや、味などが戻ってくるというわけです。また、ニコチンには食欲を抑制する効果もあるため、本来の食欲も戻ってくるのです。食事がおいしく感じられる理由は、これらの相乗効果によるものであると言えるでしょう。
また、睡眠不足も改善されます。ニコチンには覚醒作用があり、これはカフェインよりも強く、そして長く続きます。これにより、特に夜間にタバコを吸っていた方は、深い眠りに入ることが出来るようになります。
そして、口臭も改善されるでしょう。これは、タバコに含まれる成分の一つであるタールが、口の中で強いにおいを放ってしまうことが原因です。タールは簡単には取れませんから、タバコを吸っている状態では、かなり念入りにケアをしなければならないのです。さらに、ニコチンと一酸化炭素により、歯周病のリスクも上がります。これにより、さらに口臭が大きくなるのです。

禁煙すべし!筒井康隆「最後の喫煙者」は現実化する?

筒井康隆の著した短編小説の一つに「最後の喫煙者」が在ります。
この作品は、愛煙家でもある筒井康隆氏が1987年に書き上げたもので、地球上でたった一人の喫煙者となった主人公のストーリーが描かれています。
最後の喫煙者となるストーリーの中では嫌煙運動が行われています。
嫌煙と言うのは禁煙エリアを多くする、分煙化を実施するなどして、非喫煙者の受動喫煙を防止する運動とも言えるもので、ストーリーの中では嫌煙運動が激化する事で、国を挙げての喫煙者の撲滅を行い、最後の喫煙者となった主人公は国会議事堂の頂き部分で煙草を吸いながら、今まで行った事に付いて振り返ると言ったストーリーになります。
最近の飲食店や喫茶店の多くは店内での喫煙が出来なくなっています。
お店により異なりますが、席では煙草を吸えないけれども喫煙所が設けられているお店、喫煙席と禁煙席を分けて分煙を行っているお店、そして喫煙所も無く席での喫煙も出来ない全面禁煙を実施しているお店などが在ります。
これも嫌煙と言う煙草に対する害が生じるケースが在るからで、受動喫煙と言う社会問題を解決するための方法の一つになります。
また、病院などでも従来であれば入口部分などの灰皿が設置されており、病院に訪れた人や入院している患者さんなどが喫煙所で煙草を吸う事も出来ましたが、嫌煙や受動喫煙の防止などの目的で灰皿も撤去され、敷地内は全面禁煙と言った施設が大半を占めますし、電車の駅などのホームも、昭和の時代にはホームでの喫煙が可能でしたが、分煙化が進められることで駅に喫煙所が出来、時代とともにその喫煙所も排除されるなど、最後の喫煙者までは行かなくても、喫煙をする人が少なくなっていると言われています。

戦後の日本と昨今の禁煙ブーム

第二次世界大戦の終戦以後、日本は経済の復興に向けて大きな努力を続けてきました。戦前では小国でありながらも世界的にも有数な軍事国家であり、多くの産業が世界でもトップレベルとなっていました。その状況を取り戻すべく、あらゆる産業において誰もが大きな努力を行い、わずか半世紀ほどの間にその経済力を取り戻すことに成功したという歴史があります。しかし、その裏側には個人へのストレスのしわ寄せがあったのが事実であり、そのストレス緩和の手段として多くの人が喫煙するようになりました。仕事人ともなればヘビースモーカーであるということが珍しいことではなく、それによってストレスの緩和と集中力の増強を行って、精力的に仕事に取り組んできたのが事実です。そのため、近年の中高年者の特に男性には喫煙者が多いという状況ができています。
一方、近年になって喫煙による健康への悪影響が広く知られるようになり、非喫煙者を守るための社会的配慮がなされるようになってきました。その影響を受けて、健康的な生活を送ると共に、非喫煙者への悪影響を及ぼさないという考えにもとづいて禁煙を志す人が多くなってきました。昨今の禁煙ブームはこういった状況から生み出されてきているものです。特に健康リスクが大きくなる中高年者に喫煙者が多いことも影響して、多くの成人が禁煙を志すという様相を呈してきているのが現状です。そのため、禁煙市場が大きくなってきており、それに応じるようにして禁煙グッズの開発や禁煙治療の確立が進められてきており、それに注目した喫煙者が新たに禁煙を目指すようになることで禁煙ブームに拍車がかかってきています。戦後の状況から必然的に生み出されているのがこういった状況と言えるでしょう。